飲み薬

うつ病って?

現代人に多い病気として知られるうつ病、およそ73万人の人が患っているともいわれています。自分には関係ないかなと思うかもしれませんが、じつはうつ病は誰にでもなり得る病気なんです。
うつ病は心の病気といわれていますが、心だけではなく身体にも影響が出るものでもあります。どういったものなのか?症状について説明していきましょう。

心の症状は、焦りや不安、誰も知らない遠くへ行きたい消えてしまいたいという感情、何にも興味や喜びを感じなくなった、何事にも億劫でやる気が起こらない、人と話していても会話が入ってこない、本の内容が頭に入ってこない、といったものが報告されており、身体の症状としては、食欲が沸かない、疲れが取れなかったり常にだるい、それなのに夜眠れない、口が渇いたり動機や息苦しさといった症状があります。
そんなうつ病はストレスが大きな要因だともいわれていますが、簡単なものではなく症状も治療も人それぞれとなるのもうつ病の特徴。医師に伝えるのにうまく言えないなーという人は、診察の前に辛いと感じていることなどをまとめておくようにすると良いでしょう。

さて、うつ病になってしまった場合、そんな症状を助けてくれることとして「パキセル」というお薬もあります。パキセルは憂うつな気分や不安感をやわらげて、意欲を高めてくれるお薬です。
ジェネリック医薬品も出ているので、自分に合ったもので治療していくようにしましょう。

どうしてうつ病になる?

容器が倒れている

パキセルで治療が期待出来るとはいえ、うつ病ってどうして陥ってしまうのでしょうか?その原因はじつにさまざま、心への負担が大きな要因となっているのです。ではそんな原因について知っておきましょう。

| read more

お薬を服用するために

青い器に薬が入っている

うつ病になったまま放っておくことは出来ません。パキシルを服用してうつ病を改善させていくようにしましょう。そのためにはどのようにして飲めばいいのかというところも知っておきましょう。

| read more