どうしてうつ病になる? | パキシルでうつ病対策!ジェネリック医薬品もある
容器が倒れている

どうしてうつ病になる?

現代病のひとつと言われるうつ病。なぜうつ病になってしまうのか気になるところです。ならないように気を付けておきたいところですが、うつ病は気を付けていても気が付けばなってしまうということもあるほどなりやすい病気のひとつ、その理由は心の病気だからであり、その限度は人にもよるからです。

つまりちいさなことでくよくよしている人と、なにがあってもへこたれない人を見てみると、くよくよする人の方が精神的に弱そうに思いますが、じつはなにがあってもへこたれないと思われている人の方がうつ病になりやすかったりすることもあるのです。それは心への負荷の掛かり方が違うというのもありますし、その重度も人によって違うということでもあります。人のうわさは気にしないという人でも、自分なら気にしないような仕事の失敗にすごく落ち込むどありますよね。そういうことです。

うつ病になる原因としてよくあるのは、転勤や転職といった環境の変化、または家族や恋人など親しい人との別離。こういった突然の「変化」が要因しているともいいます。
しかし、そういったマイナスイメージが原因かと思っていたらそれだけでもなく、結婚や昇格というような、通常なら喜ばしいことですら原因となってしまうといいます。うまくやっていけるかな?というような不安が原因だといわれていますが、単純に嬉しいだけの事柄からでもうつ病へなってしまうということもあるようです。