お薬を服用するために | パキシルでうつ病対策!ジェネリック医薬品もある
青い器に薬が入っている

お薬を服用するために

うつ病は心の病気なので、落ち込んだりやる気が出なかったりしてしまいます。パキシルの心の状態に働きかけるという効果はそんな心に変化をもたらしてくれるという効き目なので、うつ病で悩んでいる人にとってはとても効果的だといえるでしょう。
効果には他にも、パニック障害といったものにもあるので、とても期待出来るものになっています。

パキシルは症状によって服用方法が若干変わって来るものの、基本的なうつ病ですと、成人は1日1回夕食後に20〜40mgを服用します。1回10〜20mgより開始し、その後1週ごとに10mgを日ずつ増量させていくようにします。1日40mgを超えないように気を付ける必要があります。
パニック障害では、1日1回夕食後に30mgを服用。うつ病目的とは変わって来るので注意が必要です。1回10mgより開始して1週ごとに10mgを日ずつ増量、このあたりは同じですが、1日の制限が30?というのは違うので注意が必要です。
また、夕食後とありますが、この理由はパキシルを服用すると吐き気や胃痛といった症状を伴うこともあるので、胃の中に何か入っている状態が好ましいからです。入れてても気持ち悪い…という人は胃薬との併用も大丈夫ですので、医師に相談してみてから利用してみましょう。
服用の際には水かぬるま湯で飲みましょう。アルコールと一緒に飲むという人もいますが、アルコールで服用してしまうと副作用が強く出てしまいます。注意しましょう。