安く買える同等効果の薬 | パキシルでうつ病対策!ジェネリック医薬品もある
沢山の種類

安く買える同等効果の薬

パキシルは病院などの医療機関で購入することが出来るものの、高いなと感じている人もいるかもしれません。
そんな人にオススメしたいのは、ジェネリック医薬品です。同等の効能でありながら安価で買えるというジェネリック医薬品。パキシルにもそんなジェネリック医薬品があるのです。

ところで、このジェネリック医薬品について、知っているようでよくは知らないなという人もいるかもしれません。なぜジェネリック医薬品は安価で同等となっているのでしょうか?
まず、新薬は先発医薬品に対しジェネリック医薬品とは後発医薬品という意味があります。つまり先に作られるのが新薬で、あとから作られるのはジェネリック医薬品です。新薬は新しくお薬を作るということですが、前例が無いところからになるので、作り上げるまでには莫大な時間と費用が必要になって来ます。その費用500億円、時間は9~17年だといわれています。しかしジェネリック医薬品はそうやって作られたのをもとに後から作るので、1億円と3年という費用と時間となっておりその分安く売りだすことが出来るのです。

ジェネリック医薬品には他にも特性があり、有効成分以外であれば変化させていいということになっています。具体的には味と大きさなどです。これにより、もとのお薬は苦いとか大きすぎて飲み込めないという人にとっても飲みやすくなっているということもあるので、値段だけではないメリットもあるのです。